キュアティホワイト 服用

最大の効能

 

キュアティホワイト、ここはおさえておくべきポイント

  • しみ、そばかす、日焼け・かぶれによる色素沈着の緩和
  • ニキビ、湿疹、じんましん、かぶれ、くすりまけの症状の予防緩和
  • 歯ぐきからの出血、鼻出血の予防
  • 肉体疲労、妊娠・授乳期、病中病後の体力低下、老年期のビタミンC補給

 

1か月ほど使用しても改善がみられない場合は、医師、薬剤師、歯科医師に相談してください。

 

効能の現れ方には個人差がございますが、上記以外にも1ヶ月使用しても改善がみられない場合は医師、薬剤師又は歯科医師に相談してください。

 

 

副作用

 

キュアティホワイト、ここはおさえておくべきポイント

 

こちらは医薬品です。

 

リスクは比較的低く、日常生活に支障を来すことはあまりないとは思われますが、まれに、身体の変調・不調が起こる恐れがある成分を含んでいます。

 

もし、体調等に異常をお感じになられた場合は、医師・薬剤師等にご相談ください

 

 

用法と用量

 

水またはお湯にて服用ください。

年齢

1回の服用量

1日の服用回数

成人(15歳以上)

2錠

3回

(食前又は食後)

7歳以上15歳未満

1錠

7歳未満

服用しないこと

 

用法・要領に関する注意事項
  • 用法・要領を厳守してください。
  • 7歳以上の小児に服用させる場合には、保護者の指導監督のもとに服用させてください。

 

 

成分表

 

6錠中

成分

含有用

アスコルビン酸(ビタミンC)

1000mg

L-システイン

240mg

コハク酸d-α-トコフェロール(天然型ビタミンE)

50mg

リボフラビン(ビタミンB2)

6mg

ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6)

12mg

 

 

添加物

トウモロコシデンプン、乳糖水和物、セルロース、CMC、ヒドロキシプロピルセルロース、ステアリン酸Mg、ヒプロメロース、ポリビニルアルコール(部分けん化物)、酸化チタン、タルク、大豆レシチン、カルナウバロウ

 

原材料に含まれるアレルギー物質

乳成分・大豆

 

これらの添加物は、より効能を助けるためと飲みやすくするためなどのために配合されています。

 

しかし、アレルギーをお持ちの方は十分にご注意ください。

 

成分等に関する注意事項
  • 本剤の服用により、尿や大便の検査値に影響がある場合があります。医師の検査の場合には、ビタミンC製剤の服用中であることを医師に伝えください。
  • 服用中に、尿が黄色く感じることありますが、これは本剤に含まれるリボフラビン(ビタミンB2)によるものですのでご安心ください。

 

 

薬効について

 

成分

分量

はたらき

ビタミンC

1000mg

シミの原因となる、メラニンの色を薄くする

L-システイン

240mg

肌細胞のメラニンの生成を抑制する

ビタミンE

50mg

血行を良くする。

ビタミンB2

6mg

ターンオーバーを促進し、お肌の機能を正常に保つ

ビタミンB6

12mg

 

 

関連ページ

キュアティホワイトを勧める理由
キュアティホワイトがなぜ人気かをまとめたページです。どういう仕組みで体に浸透し、ケアしていくのかを説明しております。肌だけでなく、体調をよくする成分がたくさんあるのが分かりますよ!
キュアティホワイトの評判・利用時の注意
キュアティホワイトの口コミ(評判)をケース別に掲載。肌以外にも嬉しい効果があるのが分かる内容です。また、女性にありがちな疑問が出た場合の解決方法も載っております。
キュアティホワイトってどこで買える?
キュアティホワイトを購入する方法についてです。購入先は限られているので要注意!一緒にキュアティホワイトの個人的レビューも掲載中です。